和モダンの定義①

SPONSORED LINK

和モダンのススメ:イメージ02和のテイストは、必須ですがそこに縛られる必要は
ありません。
和のテイストを感じつつ、快適に過ごせる空間
あれば良いのです。

快適デザインの中に上手に和テイストを取り入れた
のが、和モダンです。
この和モダンは、欧米でも人気があり、
余計なものを無くしたZENスタイルなどは、
ヨーロッパ生まれの逆輸入で、日本にきました。

壁と木のコントラスト
歴史ある旅館や古民家等で、目にする艶のある
燻したような濃色<梁や床材>に壁の漆喰や障子紙
の明るい色を合わせる事で幻想的なコントラスト
が、表現されるのです。

勿論現代のマンションや住宅の工法では、柱や梁を
見せる事が少なくなっています。
出入り口や窓枠、家具等で、ダーク系を積極的に
使い雰囲気作りを進めると良いですね。

素材は、出来れば自然素材な物も取りいれたい
ところですね。
敷居は高いですが、例えば壁を大理石にすると
落ち着いたシットリとした空間になります。
比較的取りいれやすいアイテムは、やはり
イ草や障子の和紙です。
置き畳などは、手軽に和の空間を演出出来る
便利アイテムと言えるでしょう。
半畳タイプなどは、収納時も邪魔にならず
アクセントとしても使い勝手がいいです。

合わせて読みたい!和モダンの関連記事
  • category
    和モダン

    日本人ですから、和のテイストは外せませんよね。 でも、昔ながらの純和風では不自由さがある・・・ そんな背景もあって、静かにしかし確実に定着 しつつあるのが、和モダンスタルです。

  • category
    和モダン

    もう少し具体的に、紐解いてみましょう。 ベースカラーをナチュラル系色で、纏めるには、 全体的に、明るい雰囲気になっている為、小物で アクセントを持たせるのが、お勧めです。 強めの差し色を使います。