畳を変えてみよう

SPONSORED LINK

和モダンのススメ:イメージ08最近では、すっかり畳を使った部屋は、減っています。
昔は、洋室風の個室と言っても基本は、畳でその上に
絨毯を敷いた仕様が多かったな~

本題ですが、畳というアイテムもやはりメンテナンスが
必要になります。
現在では、逆に珍しくなったアイテムですので、そこの
あたりを触れてみます。
数年に一度、表替え裏返しをしたり、
更に年数を重ねると新床に交換したりと
定期的なメンテが必要です。
この際に、工夫を加える事でイメージチェンジが
図れます。

年数別では、裏返し・表替え・新畳になります。

☆裏返し・・・畳表は、両面使えます。畳表を一度外し
裏返して取り付けます。この時、畳縁は新調します。
期間は、<3~5年> 出来るのは、一度だけです。

☆表替え・・・畳床は、そのままで上にかぶせる畳表と
畳縁を新調します。期間は、<7~8年>
裏返しが終わって更に寿命がきた畳表を交換する事です。

☆新畳・・・まったくの新調です。
踏んだ時にヘタリ感を感じたら、畳床の交換時期です。
新畳に交換しましょう。

合わせて読みたい!個別アイテム①の関連記事
  • category
    個別アイテム①

    現在の和室は、状来型の真壁和室に加え、 大壁和室があります。 ここでは、大壁和室を前提に話を展開していきます。 和のアイテムで、最も身近で且つ手がけ易いアイテム それは、やはり 襖や障子でしょう。

  • category
    個別アイテム①

    例えば、ゴールド系の市松模様や笹柄の襖を 用いれば、上品なアクセントになります。 モダンさを追求するなら、幾何学模様が お勧めです。 思いきった色を使ってみるのも良いでしょう。 和室の色の選択の習字帳は、着物と考えましょう。