襖・障子を変えてみよう②

SPONSORED LINK

和モダンのススメ:イメージ07例えば、ゴールド系の市松模様<2色の正方形 を準備した格子縞のデザイン>や笹柄の襖を
用いれば、上品なアクセントになります。
モダンさを追求するなら、幾何学模様が
お勧めです。

思いきった色を使ってみるのも良いでしょう。
和室の色の選択の習字帳は、着物と考えましょう。
襖自体を扉と捉えず、アクセントパネル
捉えるとイメージが拡がるかと思います。

襖の張替え時には、併せて引き手、襖縁も交換
出来ますので、検討する事をお勧めします。

引き手には、陶器、銀、樹脂、木etcいろんな
素材やデザインがあります。
襖縁では、木目、赤色、黒色などに交換
する事も出来ます。
ただ、張替えが、出来ない襖も存在しますので、
事前に確認が必要です。

障子では、通常の糊貼り障子紙だけではなく、
メンテナンスの容易なアクリルパネル等を
組み込んだタイプもあります。
障子紙とは、異なり強度がある為 殆ど破れません。

通常の障子紙を使う場合にも、白一色では無く
柄・模様タイプの障子紙に変えると
大きくイメージが変わり、明るい雰囲気が、
演出出来ますので、お勧めです。

合わせて読みたい!個別アイテム①の関連記事
  • category
    個別アイテム①

    現在の和室は、状来型の真壁和室に加え、 大壁和室があります。 ここでは、大壁和室を前提に話を展開していきます。 和のアイテムで、最も身近で且つ手がけ易いアイテム それは、やはり 襖や障子でしょう。

  • category
    個別アイテム①

    最近では、すっかり畳を使った部屋は、減っています。 昔は、洋室風の個室と言っても基本は、畳でその上に 絨毯を敷いた仕様が多かったな~ 本題ですが、畳というアイテムもやはりメンテナンスが 必要になります。