襖・障子を変えてみよう

SPONSORED LINK

和モダンのススメ:イメージ06現在の和室は、状来型の真壁和室<構造体の柱 が表面に表れている壁>に加え、
大壁和室<洋室の工法で、柱の上にプラスター ボードを張った壁>があります。
ここでは、大壁和室を前提に話を展開していきます。

和のアイテムで、最も身近で且つ手がけ易いアイテム
それは、やはり 襖や障子でしょう。
張り替えにひと工夫を加えて、
和室のイメージを変えましょう。
襖や障子は、シンプルなアイテムであるだけに
ひと工夫が、キラリとヒカリ
和モダン和室に変身出来ます。
部屋全体のイメージを、大きく変化出来ます。

襖の張り替えで、大変身出来ます。
襖の色で、アクセントをつけましょう。

和室では、金や紅など 洋室では、馴染みの無い
独特の色づかいが存在します。
業者さんから、渡されるサンプルはスタンダード
な物が多いので、平凡・古いと感じる場合が
あるかも知れません。

襖は部屋の中で占有面積が大きいアイテムである為、
襖柄の選定で部屋の雰囲気は大きく変わります。
いつもと違う襖柄をチョイスしてイメージを変えて
みましょう。

合わせて読みたい!個別アイテム①の関連記事
  • category
    個別アイテム①

    例えば、ゴールド系の市松模様や笹柄の襖を 用いれば、上品なアクセントになります。 モダンさを追求するなら、幾何学模様が お勧めです。 思いきった色を使ってみるのも良いでしょう。 和室の色の選択の習字帳は、着物と考えましょう。

  • category
    個別アイテム①

    最近では、すっかり畳を使った部屋は、減っています。 昔は、洋室風の個室と言っても基本は、畳でその上に 絨毯を敷いた仕様が多かったな~ 本題ですが、畳というアイテムもやはりメンテナンスが 必要になります。